コウモリ駆除は業者に依頼しよう

subpage01

コウモリは害獣ではなく益獣と判断されているために、鳥獣保護法の対象となっています。
その為、勝手にコウモリ駆除をしてしまうと、その方法によっては罰則の対象となってしまう可能性もあります。個人でコウモリ駆除を行うための許可を得るためには時間も手間もかかってしまいます。

その間にコウモリが繁殖してしまうという場合もあります。

そこで、コウモリ駆除を行うという場合には、業者に依頼したほうが賢明です。



コウモリは夜行性のため、なかなかその存在に気が付きにくいものです。


しかし、一般的な家庭にも棲みついている可能性はあります。



冬には冬眠をし、夏には繁殖をして増えていきます。
駆除をせずに何年も棲みついてしまっているという事も考えられます。

そこで、コウモリの気配に気がついたら、早めに駆除を依頼するようにしましょう。

コウモリは、人の目では見付けることが難しいほど小さな隙間や穴からでも侵入する可能性があります。そのような侵入経路を見付けるのは、素人では難しいものです。



専門の業者であれば、その隙間をしっかりと見つけ、対処することが出来ます。コウモリが棲みつくことによる被害としては、アレルギーの原因となったり、ノミやダニの感染被害などの原因となる可能性もあります。
なお、コウモリの被害については個人宅はもちろん、飲食店やビルなどでもコウモリの被害が増えてきているようですので、特に注意が必要となることが多いようです。